一般社団法人 全国パーキンソン病友の会
愛知県支部
(愛知県パーキンソン病友の会)

2024年度・総会と医療講演会のご案内

日 時: 2024年4月21日(日) 10時 ~ 15時30分
場 所: 名古屋市総合社会福祉会館・大会議室
  名古屋市北区清水4丁目17番地1号
  区役所・保健所と一緒の建物で、大会議室は7階
  地下鉄・名城線「黒川」駅下車、41号線を南に徒歩約10分
日 程:
  1. 総会 10時00分 ~ 10時40分
    • 2023年度 事業報告・会計決算報告
    • 役員改選(2024年度の新役員体制について)
    • 2024年度 事業計画〈案〉・会計予算〈案〉

    10時45分 ~ 11時30分 体験発表
    11時45分 ~ 13時00分 懇談・昼食

  2. 医療講演会 13時30分 ~ 15時30分
    講 師:高松神経内科クリニック 院長 山本光利 先生
    名古屋大学大学院医学系研究科 准教授 平山正昭 先生
    演 題:未定

申し込み

◎総会・医療講演会ともご出席の方には、お弁当を用意します。お弁当を希望される方は、氏名・参加人数を4月15日(月)までに事務局(電話・FAXで052-622-9585・深谷幸隆)にお申し込みください。

◎お弁当代は1,000円(紙パック茶付き)です。

◎家族・付き添いの方のご参加もお待ちしております。

◎事前申し込みされなくても、当日になっての参加も歓迎です。その場合の昼食は、各自ご用意ください。

◎医療講演会のみ参加希望の方も、事前申し込みは不要です(参加費:無料)。


【会場への交通案内】

○地下鉄:名城線「黒川」下車 徒歩10分

○市バス:「北区役所」徒歩すぐ、「黒川」徒歩7分

第4回交遊会のご案内

2023年度 第4回交遊会を下記のように開催します。
一昨年度、昨年度と好評だった、パーキンソン病患者さんを対象としたダンスプログラム「みんなでダンスPD&Friends」を、講師にKyoto Dance Exchange(KDE)の方々をお招きし、開催したいと思います。


昨年度の様子

椅子に座ってできるダンスです。
男性の方も気軽に参加していただけるダンスです。
仲間と一緒に踊る歓びを共有しましょう。
皆様、是非とも、沢山のご参加をお待ちしています。

担当 石原 法子・深谷 真季

日  時: 2024年3月10日(日)13:45~15:45(受付13:30~)
場  所: 東海市立市民活動センター(ソラト太田川)3階 大会議室
日  程: 13:30~13:45 受付
13:45~15:45 パーキンソン病患者を対象とするダンスプログラム
会  費: 単独参加:一人 300円
家族参加:一家族 500円
持ち物 : 動きやすい服装、水分補給のための飲料、タオル
申込方法:深谷真季まで、お電話かFAXでお申し込みください。
TEL/FAX 052―622―9585
締  切: 3月4日(月)必着でお願い致します。
交通手段:
車でお越しの方:東海市大田町後田20-1 ソラト太田川駐車場
公共交通機関 :名鉄河和線「太田川駅」から徒歩1~3分
南改札口から出て、東出口へ(出口正面がマツモトキヨシで左へ向かって歩くと目の前がソラト太田川です)

講師の紹介


Kyoto Dance Exchange(京都 ダンス イクスチェンジ)

2007年に京都芸術センターで行われたワークショップ 「Liz Lerman Dance Exchange(リズ・ラーマンダンスイクスチェンジ)」に影響を受け、 2008年に結成したダンスカンパニーである。多世代のメンバーが在籍し、「ダンス」に相応しい体形・年齢・経歴・生活等に捉われない、本来の「踊る」行為から生まれる感情や意思の伝達、表現、交流を目的とするコミュニティダンスを軸に活動している。
コミニティダンスファシリテーター養成スクール応用コース修了、マーク・モリスのDance for PDのワークショップを受講した、市川、乾、髙田を中心に2019年より「みんなでダンス PD&Friends」を始める。


市川まや

大阪芸術大学修士課程修了後、劇団維新派に所属。2008年よりKDEに参加、代表。現在、イタリアで派生した美術館でパーキンソン病患者とダンスワークショップを行うDance Wellのティーチングコースを受講中。ダンサー兼介護福祉士。


乾 光男

50歳にしてダンスと出会い、その魅力に取り憑かれ踊り続けて17年。まだまだまだ面白くなるであろう…と格闘中!!


髙田育子

大学より踊り始める。ジャズ、モダン、創作ダンスなどを経験。2008年よりKDE所属。甘めと辛めのナビゲートに定評がある。

第5回 おしゃべり会のご案内

名古屋市 黒岩 芳彦

パーキンソン病で悩んでいる事・不安・生活の工夫等をおしゃべりして、共有したり、課題の解決をしてみませんか。

日  時  : 2024年3月9日(土) 午後13時45分から15時30分
         受付13時30分開始
場  所  : 緑生涯学習センター 1階第2集会室
名古屋市緑区鳴海町本町54
参加対象  : 会員及びその家族 非会員及びその家族
申し込み方法: 電子メール・電話・ハガキのいずれかで、参加者氏名・会員か非会員か・当事者か家族か・連絡先電話番号をお知らせください。
メール :yhelyan47@gmail.com
電話番号:090-8862-8903(黒岩)
ハガキ :〒456-0052 名古屋市熱田区二番二丁目20-2 竹味マンション203号
【電車でお越しの方】
名鉄本線鳴海駅下車北に約300m

【自動車でお越しの方】
緑生涯学習センター駐車場
鳴海駅周辺コインパーキング

卓球塾です

緑区 深谷真季


皆様、いかがお過ごしですか?

いよいよ、2024年が始まりました。この一年はどんな年になるのか楽しみ ? いやいや、どんな一年にしていこうかと考えていると、ココロがワクワクとしてきます。来年の同じ頃にも、また良い一年であったと思えるように、一日一日を大切に過ごしていきたいものです。しかし、突然に何が起こるかわからないという事は、心に留めておかなくてはなりません。一年のうちで最も家族が共に集い、くつろぎ、穏やかな悦びに包まれていたはずの元旦にそれは起こりました。そう。能登半島地震が起こってしまったのです。


私は何をするでもなく、ボーと二階の自室にこもっていました。と突然そばに置いてあったスマホがけたたましい音で鳴り出しました。何?とスマホを手にすると同時位に身体が大きく揺れ始めました。ジスキネジアで私が揺れているのではない!?家が揺れている!!地震じゃん!!どうしよう?!!恐ろしく長い時間に感じられました。どうしよう??私、災害時用の薬をまとめてないよ!!その揺れの中で、薬をまとめて入れるリュックを探し始めました。そうこうしているうちに地震の揺れは収まったものの、私の身体は一気にオフへと繋がってしまいました。地震による強い揺れを感じ、ココロが動揺する中でも、私は腰に装着するデュオドーパのポンプの薬量追加のボタンを押したのですが、ココロの動揺の方がはるかに大きかった様です。しかし、今後、もっと身近で起こるであろう大災害に対する覚悟はできました。「備えあれば憂いなし」を肝に銘じ、防災用品と一緒に、現在服用中の薬を少なくとも2週間分は準備しました。


震源地から遠く離れた名古屋でさえ恐怖を感じたので、被災地の皆様にはいかばかりかとお察し致します。そして、今回の能登半島地震におきまして被害に遭われました皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興復旧されますことを心よりお祈り致しております。


さて、お話を戻します。

卓球塾では、恒例となりました年末卓球塾杯卓球大会が、午後からはお楽しみ会が、2023年12月24日(日)クリスマスイブの日に開催されました。おかけさまで、PD友の会愛知県支部卓球塾では、去年はメンバーの2人が世界パーキンソン卓球大会に出場、他のメンバーも県内の各種大会に出場し、共に好成績を収めています。また、去年は多くの友の会会員さんが、卓球塾のメンバーとして加わりました。いつもですと多くて15 〜16名の参加でしたが、今回は22名と多数の参加となり、とても活気づいていました。私は昨年と一昨年前は、体調が振るわず参加できませんでしたが、久々に参加し開催のための運営にも携わることができて、、本当に嬉しかったです。卓球塾事務局の迷コンビである永吉•深谷がプロデュースしたクリスマスイブの日の卓球塾での一日は、ご参加いただいたメンバーの皆様にはご満足いただけたことと、自負しています。私自身、途中オン→オフへの体調変化もなく、充実した日となりました。


今回、試合進行に関しては、去年友の会に賛助会員として入会して下さった関氏にお願いしました。関氏は卓球審判員の資格をお持ちで、頼もしい限りです。そして、卓球塾にボランティアとして参加してくれている小林君には、進行全般をお手伝い願いました。お二人とも、ありがとうございました。また、明るく楽しく進行を盛り上げてくれたメンバーのみんなには、感謝の気持ちでいっぱいです。


今回のイベントで皆様に特に報告したい事のひとつは、まだ卓球塾にメンバー入りして間もない50歳代男性の方が、試合で一位となった事。もうひとつは、6年前、卓球塾立ち上げを呼びかけ、これまで卓球塾を支えてきてくれた加藤真智子さんと、立ち上げ当初から加藤さんのサポートをしてくれていた伊藤智巧さんに、サプライズで感謝状を贈ることができたという事です。


これからも、卓球塾はATM(明るく楽しい毎日を)をモットーに、体力維持のリハビリとして、そしてココロのよりどころとして、笑顔の絶えない活動を心がけていきます。


いつも、卓球塾の活動を温かい目で見守っていて下さるPD友の会会員の皆様には、感謝申し上げます。これからも宜しくお願い致します。


【今後の卓球塾の開催日】

2月25日(日)9:00~12:30 一宮スポーツ文化センター 第一・第ニ展示室

3月24日(日)9:00~12:30 一宮スポーツ文化センター スポーツフロア


参加費:300~500円 持ち物:飲み物・タオル・ラケット(あれば)・シューズ

*参加を希望される方は、事前にお問い合わせください。

【参加申し込み・問い合わせ先】

深谷 真季TEL:052-622-9585 E-メール : makiymkmr@gmail.com
永吉 礼子TEL:080-6903-5310E-メール : reimama.531@icloud.com
加藤真智子TEL:080-4845-2339E-メール : tomamkm5@gmail.com